ヒートマップ・ユーザー行動解析

お電話でも受け付けております
0120-966-217

お客様を熟知している自信ありますか?

ランディングページでのアクセス解析は広告流入の場合、見るべきところは限られてきます。

「どのページに」+「どのくらいの数」+「どのくらい滞在して」+「CVしたか」
たったこれだけの情報でお客様の事を熟知する事が出来ますか?

CVを落とさずに広告コストを下げるたった一つの方法は訪問者を熟知し、無駄を省く計画を立てPDCAを回す事と言えますが、これだけの情報で訪問者の事を熟知できるはずがありません。
LPOとはまさに「情報から訪問者を熟知し最適化」する事なのです。

「どの広告から来た人が」+「どのページに」+「どのくらいの数」+「何を熟読し」+「どんな行動をとり」+「どのボタンを押してCVしたか」

LPにとってクリエイティブは生命線です、広告・クリエイティブ評価・最適化のために作られたヒートビジョンは様々な効果分析ツールのノウハウを注ぎ込まれた最適なツールと呼べるでしょう。
そして、優れた解析システムだけでなく、これだけの濃縮された情報が 「たった1ツールで」手に取るように分かるんです。

効果分析ツールについて

メールフォームや訪問者のIPアドレスなどから訪問者の情報を取得・蓄積しそれらの情報をセグメント毎に分類し抽出する事が可能です。

豊富な絞り込み項目

極端な例ですが、
「○○広告」から「スマホ」で流入した「過去3カ月」「公式サイト」「申し込み」をした「福岡県在住」「女性」など細かく絞り込みが可能で、さらに、その絞り込んだセグメントのページ内での行動を「ヒートマップ」上でも確認が可能です。

CVリストのサンプルをご参照ください。

ヒートマップについて

「どこを」タップしたかを可視化

ランディングページは、ページの途中にコンバージョンエリアを複数設置したり、メールや電話、LINEなど、複数のコンバージョンポイントを設置したりするケースが多いため、来訪ユーザーがどのボタンからのコンバージョンが多いかを確認することができます。

「どこに」興味・関心があるかを可視化

滞在時間が長いコンテンツは赤く、滞在時間が短いコンテンツは青暗く表示され、ページ内の各コンテンツの関心度を図れるため、縦長になりがちなランディングページにおいては、不可欠な指標となります。
関心の高いコンテンツを上に移動し、逆にあまり関心のないコンテンツは削除することでCVがあがります。

「どこで」離脱したかを可視化

そのページが有益ではないと判断された時点で、ユーザーはスクロールを中止し、ページから離脱してしまいます。

スクロール率は読了率とも呼ばれる、ランディングページ全体の閲覧度合いを測る指標で、どのくらいのユーザーがどのセクションまで情報を読み進めているのかを数値で把握することができるため、ランディングページ改善の方向性を定める、有益な分析データとなります。

お電話でも受け付けております
0120-966-217

有料プランについて

まずは、カスタマーサポートにお問合せ下さい。

お問い合わせフォーム
お問い合わせ内容
御社名必須
ご担当者様必須
電話番号(ハイフンナシ)必須
メールアドレス必須
お問い合わせ詳細
事業概要
販売元
(ヒートビジョン統括本部・販売代理店)
株式会社九州教育研修センター
住所 熊本本社
熊本県熊本市中央区大江1丁目2-10
アカデミービル2F
東京サテライトオフィス
東京都中央区新川2-10-1
ブリリアザタワー
電話番号 0120-966-217